メインメニュー
学校紹介
宮前っ子日記カテゴリ一覧
ご覧ください

2017年4月20日(木曜日)

4/20

カテゴリー: - hp-admin @ 23時01分57秒

わかめご飯、牛乳、山菜うどん、かきあげ、即席漬

 日本には春、夏、秋、冬と4つの季節があります。季節ごとに食べごろを迎える食べ物があり、その時期を「旬」といいます。季節とともに、旬の食材は変わるので、食べ物でも季節を感じることができます。旬を迎えた食べ物は、おいしく、栄養があります。
 また、体のためによい働きをしてくれます。たとえば春が旬の山菜は、冬の間ゆっくり過ごした胃や腸の働きを、もとの調子にもどす働きがあります。
 給食では旬の食材をたくさん使っています。


2017年4月19日(水曜日)

4/19

カテゴリー: - hp-admin @ 23時02分54秒

ごはん、牛乳、はちはい豆腐、えびの香味揚げ、ボイルキャベツ

 今日の「はちはい豆腐」は、愛知県の東三河の郷土料理で「はちはい汁」とも言われています。古くから、お盆や法事のときなどに食べられてきた、精進料理の一つです。
 名前の由来は、一丁の豆腐で8人分作ることができることから名付けられたとか、あまりにもおいしくて、たくさんおかわりしてしまうところから名付けられたなどと言われています。
 今日の給食の「はちはい豆腐」は、豆腐、鶏肉、油揚げ、しいたけ、にんじん、里芋、ねぎが入っています。


2017年4月18日(火曜日)

4/18

カテゴリー: - hp-admin @ 23時03分52秒

松山鮓、牛乳、すまし汁、若鶏のから揚げ、キャベツのおひたし

 今日は、『松山鮓』についてのお話です。
 松山鮓は、祝い事やお客さんをもてなす時に出される、松山市の郷土料理です。エソやトラハゼなど瀬戸内の小魚を使った甘めのすし酢が特徴のばら寿司です。
 愛媛の代表的な俳人である正岡子規は、母親の作る松山鮓がふるさとの味だったため、松山の大切な思い出として、松山鮓に関する俳句を多く残しています。
 その一つを紹介します。「ふるさとや親すこやかに鮓の味」
 今日は入学、進級 祝いの行事食です。


2017年4月17日(月曜日)

4/17

カテゴリー: - hp-admin @ 18時52分13秒

麦ごはん、牛乳、カレーライス、しょうゆドレッシングサラダ

DSCF3088.JPG

 今日は、『カレーライス』について、お話をします。
 カレーライスは、子どもから大人まで多くの人に好まれる人気メニューです。カレーは、肉や野菜をさまざまなスパイスやハーブで煮込んだもので、インドで生まれたといわれています。
 さて、ここでクイズです。日本で考えられたカレーの食べ方は次のうちどれでしょう。
“屐,瓦呂鵑砲ける 番 ナンにつける H屐.灰灰淵奪張潺襯を入れる
 答えは“屬痢屬瓦呂鵑砲ける」です。とろみのついたカレールウをごはんにかけて食べる「カレーライス」は日本で考えられた料理です。
 カレーは、さまざまな材料を煮込んで作るので、栄養バランスのよい料理です。栄養たっぷりの『カレーライス』を、味わっていただきましょう。


2017年4月14日(金曜日)

4/14

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時31分01秒

コッペパン、牛乳、ミートスパゲティ、ひじきサラダ

DSCF2982.JPG

 今日は、『給食当番の仕事』についてのお話です。
 給食当番は、次のことを守って当番の仕事をしています。
 ー蠅鬚擦辰韻鵑如△ちんと洗う。 
◆.┘廛蹈鵝▲泪好、帽子を身に付ける。
 給食室へ給食を取りに行くときや返しに行くときは、決まった道を通る。
ぁ,れいに給食をつぎ分ける。
ァ/器や食缶は、決められた場所に返す。


2017年4月13日(木曜日)

4/13

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時03分08秒

大豆ごはん、牛乳、春キャベツのポトフ、コーンサラダ

 今日は、『キャベツ』について、お話をします。
 ここでクイズです。キャベツの葉は何枚も重なって玉になっていますが、1個のキャベツには、何枚くらい葉があるでしょうか。
 “屐В隠亜腺横伊隋↓番:20〜30枚、H屐В苅亜腺毅伊
 答えは、H屬裡苅亜腺毅伊腓任后
 キャベツは1年中 食べることができますが、今の時期にとれるものは特に、春キャベツといいます。春キャベツは、冬のものと比べ、葉の枚数は少ないですが、1枚1枚が柔らかいことが特徴です。また、葉の巻き方も冬キャベツと比べると、ふんわりしています。
 今日は旬の春キャベツを使ったポトフです。おいしくいただきましょう。


2017年4月12日(水曜日)

4/12

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時36分37秒

ごはん、牛乳、ビーフン汁、鶏肉のピリカラフル

 今日は、『給食の内容』について、お話をします。
 学校給食は、私たちが健康でいるために、主食、牛乳、主菜、副菜を基本に栄養バランスを考えて作られています。
  ごはんやパンなどの主食は、体や頭を働かせるエネルギーになります。毎日つく牛乳は、成長期に欠かせないたんぱく質とカルシウムを補います。肉や魚を使った主菜は体を作り、野菜やきのこを使った副菜は、体の調子を整えます。
 また、旬の食べ物やいろいろな地域の料理をとり入れ、楽しくおいしく食べるための工夫をしています。
 毎日、給食をしっかり食べて、健康にすごしましょう。


2017年4月11日(火曜日)

4/11

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時03分43秒

鯛めし、牛乳、沢煮わん、ひじきのかき揚げ

DSC05939.JPG

 今日は、『鯛』について、お話をします。
 鯛は給食にも登場し、愛媛県に住んでいる私たちには、身近な魚です。
 さて、ここでクイズです。
 春になると、体の色がピンク色になった鯛が現れます。その鯛は、何と呼ばれているでしょう。
 “屐―嫗筺↓番 ピンク鯛、H屐〆鯛
 答えは、H屬虜鯛 です。鯛は春になると、卵を産む場所を求めて瀬戸内海を泳ぎ回ります。体の色が鮮やかなピンク色になるので「桜鯛」と呼びます。
 今日は、旬の鯛を使った『鯛めし』です。おいしくいただきましょう。


2017年3月22日(水曜日)

3/22

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時51分49秒

ひじき飯、牛乳、かきたま汁、いかのから揚げ、小松菜のおひたし、デザート

CIMG5819.JPG

 今日は、『ひじき』について、お話をします。
 ひじきは、昔から日本人に食べられていて、一万年前の貝塚からも発見されました。奈良時代には神様へのお供え物として使われていたそうです。
 ひじきは岩場の波打ち際に生息しています。長さは50cmから1m、太さは3mmから4mmで、春先から初夏にかけて収穫されます。保存するときは、乾燥させます。
 乾燥したひじきは、料理の前にたっぷりの水で戻します。戻すと約8倍から10倍の量になり、主に煮物や炊き込みご飯、揚げ物に使われます。
 今日の『ひじき飯』を味わっていただきましょう。


2017年3月21日(火曜日)

3/21

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時56分14秒

ごはん、牛乳、みそ汁、豚肉のから揚げ、ごまあえ

CIMG5809.JPG

 今日は、『豚肉』について、お話をします。
 ここで、クイズです。給食でよく登場する豚肉ですが、豚肉はどのようなときに食べると、よい効果があるでしょうか。
“屐“茲譴討い襪箸   番 頭がいたいとき   H屐(愴襪里箸
 答えは、“屬糧茲譴討い襪箸 です。
 豚肉には、ビタミンB群が多く含まれていて、疲れた体を回復させる働きがあります。また、疲れた頭をすっきりさせたり、気持ちを落ち着かせたりする効果もあります。
 今日の給食では、豚肉をから揚げにしました。よくかんでおいしくいただきましょう


2017年3月17日(金曜日)

3/17

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時52分46秒

ごはん、牛乳、すまし汁、豆鉄じゃこてん、白菜のおひたし

CIMG5806.JPG

 今日は、『豆鉄じゃこてん』について、お話をします。
 「豆鉄じゃこてん」とは、その名の通り、「豆類」と栄養素の「鉄分」がたくさんつまった、「じゃこてん」という意味です。鉄分を多く含む、ひじき、枝豆、大豆、魚のすり身を混ぜ合わせ、油で揚げています。
 今、成長期のみなさんに不足しがちな栄養素として、カルシウムと並んであげられているのが「鉄分」です。不足すると、疲れやすくなったり、イライラしたり、皮膚が荒れやすくなったりします。鉄分は、豆類、色の濃い野菜、貝類などに多く含まれています。
 今日の『豆鉄じゃこてん』をおいしくいただきましょう。
 


2017年3月16日(木曜日)

3/16

カテゴリー: - miyamae-33 @ 14時03分18秒

チーズパン、牛乳、ミネストローネ、ホキのピリカラフル、清見タンゴール

CIMG5788.JPG

 今日は、『清見タンゴール』について、お話をします。
 「清見タンゴール」は、日本の「温州みかん」とアメリカの「トロビタオレンジ」から作られました。名前は、「清見タンゴール」を開発した静岡県静岡市清見区の「清見」と、みかんとオレンジのかけあわせという意味の「タンゴール」から名付けられました。
 「清見タンゴール」の皮は、手でむきにくいため、オレンジのように包丁でカットして食べます。内袋は「温州みかん」のようにうすいため、口に残りにくく、そのまま食べることができます。
 「清見タンゴール」は、「温州みかん」の味に、オレンジの香りといわれています。
 今が旬の『清見タンゴール』を味わっていただきましょう。


2017年3月15日(水曜日)

3/15

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時04分28秒

麦ご飯、牛乳、麻婆豆腐、華風サラダ、ヨーグルト

CIMG5778.JPG

 今日は、『麻婆豆腐』について、お話をします。
 麻婆豆腐は四川料理の一つで、豚ひき肉と豆腐を、豆板醤や甜面醤で味付けしたピリッと辛い料理です。
 麻婆豆腐は、今から100年以上前に、中国の小さなお店で誕生しました。そのお店のおかみさんが、貧しくて材料もない中、豆腐と残り物の野菜を使ってお客さんに作ったのが始まりだと言われています。おかみさんが「麻婆」と呼ばれていたため、「麻婆豆腐」と名前が付きました。
 今日の給食の『麻婆豆腐』には、豆腐、豚ひき肉、干ししいたけ、にんじん、大豆、たまねぎ、にら、たけのこが入っています。味わっていただきましょう。
 


2017年3月14日(火曜日)

3/14

カテゴリー: - miyamae-33 @ 17時33分42秒

ごはん、牛乳、カレービーンズ、コーンサラダ、デコポン

CIMG5777.JPG

 今日は、『デコポン』について、お話をします。
 「デコポン」の本来の品種名は「しらぬい」といいます。「しらぬい」の中でも、糖度や酸味などの基準を満たしたものが、「デコポン」と呼ばれています。
 「デコポン」は、ヘタの部分が盛り上がっているのが特徴で、甘味が強く、ほどよい酸味があります。果肉が柔らかくジューシーで、ポンカンに似た香りがします。皮は厚めですが、温州みかんのように簡単にむくことができ、中の房もそのまま食べられます。
 今が旬の『デコポン』を味わっていただきましょう。


2017年3月13日(月曜日)

3/13

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時12分52秒

赤飯、牛乳、のっぺい汁、みつば入りかき揚げ

CIMG5775.JPG

 今日は、『赤飯』について、お話をします。
 「赤飯」は、うるち米やもち米に、小豆を入れて炊いたご飯のことで、お祝いのときに食べられています。小豆のゆで汁を一緒に入れて炊くことで、お米に小豆の色がついて、赤いごはんになります。
 「赤飯」をお祝いのときに食べる理由は、その赤い色にあります。古くから赤い色には、災いをさける力があると信じられ、魔よけの意味も込めて、お祝いの席でふるまわれてきました。
 今日は、卒業をお祝いして『赤飯』です。おいしくいただきましょう。


2017年3月10日(金曜日)

3/10

カテゴリー: - miyamae-33 @ 12時27分07秒

しょうゆ飯、牛乳、ほうちょう汁、鯛のから揚げ、即席漬

DSCF0938.JPG

 今日は、『愛媛県の味めぐり』について、お話をします。
 『しょうゆ飯』は、古くから松山に伝わる炊き込みご飯です。ごぼうやにんじん、しいたけ、こんにゃく、から揚げなどを具材にして、こい口しょうゆで味付けします。
 『ほうちょう汁』は、主に宇和島市で食べられている郷土料理です。小麦粉に水と塩を入れて練った生地を引き延ばし、うどんのように包丁で切った麺が入ったしょうゆ味の汁物です。
 鯛は、愛媛県を代表する魚です。愛媛の養殖の鯛の生産量は、日本の生産量の半分を占めます。
 今日の味めぐりは『しょうゆ飯』と『ほうちょう汁』、愛媛県産の鯛を使った『鯛のから揚げ』です。おいしくいただきましょう。


2017年3月9日(木曜日)

3/9

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時07分05秒

米粉パン、牛乳、イタリアンスパゲティ、ひじきサラダ、せとか

CIMG5766.JPG

 今日は、『せとか』について、お話をします。
 「せとか」は、「きよみ」と「アンコール」をかけあわせたものに、さらに「マーコット」という品種をかけあわせてできた、かんきつです。少し大きめで、果汁が多いことが特徴で、手で皮をむいて食べることができます。
 愛媛県では、温州みかんをはじめ、たくさんのかんきつ類が栽培されています。かんきつ類全体の生産量は全国1位です。
 3月の給食では、今日の「せとか」のほかにも、「デコポン」や「清見タンゴール」などが登場します。楽しみにしていてください。


2017年3月8日(水曜日)

3/8

カテゴリー: - miyamae-33 @ 14時54分24秒

豆ごはん、牛乳、けんちん汁、鯛の竜田揚げ、ほうれん草のおひたし

CIMG5765.JPG

 今日は、『鯛』について、お話をします。
 昔から鯛はおめでたい魚として扱われてきました。赤く鮮やかで立派なことと、「めでタイ」という言葉に引っ掛けたことが始まりとされています。
 鯛は主に小魚、イカ、エビ、カニなどを食べます。鮮やかな赤色はエビ、カニの色が出たものといわれています。また、3月から6月頃の卵を産む時期を控えた鯛は栄養を蓄えるために餌を多く食べます。そのため、一段と赤みを増して、桜鯛と呼ばれ、味もさらにおいしくなります。
 鯛は脂があまりなく、生臭さもないため様々な調理方法で食べられます。
 今日は鯛を竜田揚げにしました。宮前小学校の6年生が考えた献立です。味わっていただきましょう。


2017年3月7日(火曜日)

3/7

カテゴリー: - miyamae-33 @ 15時09分27秒

炊き込みご飯、牛乳、春雨スープ、さわらの蒲焼き風、のり風味サラダ

 CIMG5710.JPG

今日は、『さわら』について、お話をします。
 『さわら』は、成長するにつれて名前が変わる出世魚です。小さいときは「さごし」、少し大きくなると「やなぎ」、それからさらに大きくなったものが『さわら』です。
 さわらの漢字は、魚へんに、季節の「春」と書きます。これは、春が近づくと沿岸近くに寄ってくるので、人目につきやすくなることから「春を告げる魚」という意味があります。
 さわらは、刺身にしたり、みそにつけ込んで「西京 焼き」にしたりして食べられます。
 今日の献立は、『さわらのかば焼き風』です。三津浜小学校の6年生が考えた献立です。味わっていただきましょう。
 


2017年3月6日(月曜日)

3/6

カテゴリー: - miyamae-33 @ 13時01分43秒

麦ご飯、牛乳、肉じゃが、酢物、納豆

CIMG5707.JPG

 今日は、『給食の準備と片付け』について、お話をします。
 給食の準備や片付けのとき、次のことをチェックしてみましょう。
  ゝ訖の前、窓を開けて空気の入れ替えをしていますか。
  ◆ヾの上や机のまわりをきれいにしていますか。
  石けんでしっかり手を洗っていますか。 
 ぁ\鼎に座って待つことができていますか。
 ァ(夘佞韻慮紂机の上や床にごみが落ちていませんか。
 みんなで協力すると、準備が早くでき、給食を食べる時間が長くなります。一人一人が、気を付けて準備や片付けをしましょう。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

アクセスカウンタ
今日 : 211211211
昨日 : 369369369
総計 : 937979937979937979937979937979937979
今日の欠席情報

5/26欠席者です。( )は、忌引・出席停止者数です。

 1年生 0名(1名)

 2年生 0名(1名)

 3年生 2名(0名)

 4年生 2名(0名)

 5年生 0名(0名)

 6年生 4名(0名)

 さくら・すみれ・ひまわり

     0名(0名)

 合 計 8名(2名)

行事計画
今日のランチ

2017年5月26日(金曜日)

5/26

カテゴリー: - hp-admin @ 12時04分41秒

米粉パン

牛乳

チャウダー

フレンチサラダ

きなこ豆

(634kcal)

H29-0526.jpg
 食品は、体のなかでの働きによって、3つのグループに分けることができます。
 一つ目は、赤色のグループで、肉、魚、卵、大豆などです。おもに血や肉、骨や歯を作ります。
 二つ目は、黄色のグループで、ごはんやパン、めん類、いも類などです。体を動かすエネルギーになります。
 最後は、緑色のグループで、野菜や果物などです。体の調子を整え、病気になりにくい体を作ってくれます。
 食品は、すべてどこかのグループに分けられます。


宮前っ子発信情報

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 宮前小学校